Quantcast
<p>Please enable flash to view this media. <a href="http://get.adobe.com/flashplayer/">Download the flash player.</a></p>

Please enable flash to view this media. Download the flash player.

日本人少女メトロポリタン美術館へ行く [Japanese]
東京在住の少女ミミ子、お気に入りの作品を鑑賞しにメトロポリタン美術館の新19世紀ヨーロッパ絵画・彫刻ギャラリーを訪れる

Transcript

はじめまして。私の名前はミミコです。14歳です。私は東京に住んでいますが、毎年夏にニューヨークに行く機会があります。そのときはいつもメトロポリタン美術館を見学します。

ニューヨークの人たちはメトロポリタン美術館を親しみを込めて「メット」と呼びます。だから私も「メット」と呼んでいます。

メットのすごいところは、館内がとても広くその日の気分次第で自分の観たいアートが楽しめるところです。メットには世界的に有名な美術品がたくさんあります。そしてその規模も世界最大級です。勿論ニューヨークの観光スポットで一番人気があります。

メットにはさまざまな絵画や彫刻が展示されています。エジプトの壮大な神殿や古代ローマのヘラクレス、ピカソやレンブラントの絵、フランスの宮殿の美しい部屋、そして、鎧を着て馬に乗っている騎士の像もあります。また、古いアートだけでなく現代のアートもあります。ボトルキャップで作られた波打つような金色の彫刻は、今でも現役で活躍するアフリカのアーティストによる作品です。

巨大な彫刻が展示されている屋上ガーデンに上がるとマンハッタンの素晴らしい景色を眺めることができます。きれいな緑に覆われたセントラルパークの向こう側には美しいマンハッタンのビルが立ち並びます。

そしてホームシックになった時、沢山の日本美術を見ると心がなごみます。

私の最近のお気に入りは、ヨーロッパの印象派の絵や彫刻が展示されている新しいギャラリーです。そのギャラリーについて少し説明したいと思います。

ドガはバレーダンサーを題材にした作品をたくさん作っていますが、そのうちの一つに「14歳の小さな踊り子」というブロンズ像があります。布のスカートを身にまとった少女の髪は絹のリボンで結ばれています。なかでも私が一番気に入っているのはこの踊り子のポーズです。この作品の少女を見ていると私のいとこのジェイドを思い出します。ジェイドはダンスに夢中で年もこの少女と同じ14歳。ジェイドはダンスをいっぱい練習しているけれど、きっとこの女の子も一生懸命練習していたと思います。

またメットにはウィステリアルームと呼ばれる部屋があります。これはフランスのダイニングルームを完全な形で展示したものです。部屋の名前は美しい藤の花にちなんで名付けられました。その花は部屋のありとあらゆるところで見つけることができます。壁、テーブル、椅子、ランプのすべてにその花が描かれています。でも近くに寄ってよく見てみないと分からないかもしれません。このダイニングルームはパリのエッフェル塔の近くに約100年前に建てられた家にありました。

モネの作品に「サンタドレスの庭園」という絵があります。この絵には夏の海辺の美しい庭から海に浮かぶ船と風になびく旗を眺めているモネの親戚たちが描かれています。日本の木版画をとても愛したモネは北斎の作品を特に気に入っていました。この作品は日本美術の影響が最もよく表れているそうです。

私を淋しくさせるある一つの絵があります。それはレーピンが描いたガルシンという名のロシア人作家の肖像画です。ガルシンは1870年代にロシアとトルコの間に起こった戦争の兵士について本を書きました。そんな彼の人生にもたくさんの悲しい出来事があったのです。彼は33歳という若さでこの世を去りました。この絵からは彼の苦しみがとてもリアルに伝わってきます。

スーラという画家はさまざまな小さな色の点を集合させて絵を描く「点描(てんびょう)」と呼ばれる特別な技法を使っていました。「グランド・ジャット島の日曜日の午後」と呼ばれる有名な絵は近くで見ると色の点だけが見えます。でも絵から少し離れて見てみると急にその小さな色のかけらが混ざって見えてきます。この絵には子供たちや犬を連れたフランス人の家族が日曜日の午後に水辺の公園で散歩を楽しんでいる場面が描かれています。不思議な描き方をしていますがとても素敵な絵画です。

私はゴッホが大好きです。「糸杉のある麦畑」という絵がありますが、レプリカではない本物の絵を見ると本当に心を奪われます。この絵には糸杉と小麦畑、そしてケシの花が咲く草原が描かれています。青空に広がる雲をリアルに表現するために白い絵の具がとても力強く渦を巻くように大胆に塗り重ねられています。この絵はすべてが太陽の光に満ちた美しく幸せな場面を表現しているのです。

私は日本に帰ったら、メットで見た絵を思い出すことでしょう。そして来年の夏にニューヨークに来るときは、幼なじみの友達に会うみたいにまた同じ絵を見たいと思います。皆さんも是非いつかメットを訪れてみてください。きっと自分だけの何かが見つかるはずです。

Exhibitions (79)